ただの雑記

雑記
しばらくは拍手絵ばっかり描いてました…。
それと漫画のネタの構想中…。
6ページ漫画2本考えてるけど、その片方が誰得変態的内容…。どうしよう…。



しばらくぶりにガンガン読んだら血まみれ十字架のヒロインが洗脳されてるみたいなんですけど…。
施術シーンはあったのだろうか…。

そういえば未来日記には催眠術使いがいたね。正義の味方だけどな!m9
12thと切嗣、近寄りたくない正義の味方が今期は2人も…。

そういえばシャナのラスボス級の徒ってどれも悪い奴いないよね。
祭礼の蛇悠二も悪堕ちと勘違いされそうだけど。





あの…ハーメルンのあれは…何ですか…
はなまるは有終の美を飾ったというのに…。
この後どう考えても再洗脳で再会って流れなんですが…
ハーモニー…。・゚・(ノД`)・゚・。。
今回も最終巻のカバー裏でこの後の展開が…っていうパターンですかね…。
あっちの方も完全版ってことで続き描いてくれないかな…。
二次END好きとしては正気に戻るシーンが無いのはもやもやする…。

あと牙の旅商人は…なんだかイヤな予感がするなぁ…。







銀嶺騎士デヒテラは強襲してきた隠神刑部との戦いの中で敗れ、ある男に捕らえられていた…。
拘束された彼女は身動きが取れない状態にいる。
目の前には黒い陰陽師服を着て、仮面を付けた男がいる。
「くっ…私に何をするつもりだ」
デヒテラは仮面の男に尋ねる。
「貴女のその力、利用させてもらうのですよ~」
彼女を捕らえたその男の名は道摩法師ドウマン…隠神刑部最凶最悪の陰陽師である。
ドウマンが何か呪文をつぶやく。
途端にデヒテラの体に異変が生じた。
「な…何?これ…」
彼女の体から翼が消えていた。
そしてその代わりに麒麟属性の彼女にあってはいけないものがおしりから生えていた。
それは狸の尻尾…隠神刑部属性の証が生えているのだった。
「我が呪術によって君の体は闇に染まり隠神刑部となったのですよ」
「う…嘘だ!」
「さて…貴女も私に使える式狸になってもらいますよ」
そう言うと懐を探り、ドウマンは仮面を取り出す。
黒と金、左右異なる色をした仮面『陰陽仮面』。
ドウマンはその仮面をデヒテラに付けようとする。
デヒテラは動けない体を動かそうとし、必死に抵抗する。
「や…やめろ!くっ…助けて…ルーグ様!」
しかし彼女の願いもむなしく、あっけなく仮面を付けられてしまう。
「う…あ…」
ビクンと一瞬身震いをした後、動かなくなる。
彼女の自我が消え、ドウマンの傀儡となった瞬間であった。

ドウマンが呪文を唱え、デヒテラにかけられていた拘束が外れる。
ドウマンは完成した人形に最初の命令をする。
「さあ立ちなさい。新たな式狸さん」
「はい…」
デヒテラは抑揚のない声で答え、立ち上がる。
仮面で表情は見えないが、見えたとしても表情は一切見え無いだろう…。
「クハハハ!…いいですよ~。貴女も私のために働いてもらいますよ~」
「はい…全て道摩法師の仰せのままに…」
そこに姫騎士と呼ばれた少女はもういなく、ドウマンの意のままに動く式狸がいるだけだった。



…って感じのSS、うまい人誰か書いてくれませんかね?
っていうか悪堕ちしたのボルトさんって…。
ムジナたんprpr…っていうか出ない(><)~
ムジナたん目当てで買ってるのに~。他はイヅナさん以外興味ないのに!
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
 
 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

No title

最近は「正義だ悪だでは割り切れない云々」が創作世界でも主流ですし、そう言う流れもむしろ必然でしょうけど、
ゆえに「悪堕ち」と言うジャンル自体もきわどい所ですけど・・・
これはまさに「萌えツボ次第」と言う所でしょうか。

No title

>カギヤッコ様
紳士的な敵キャラがいると話に深みが出てきて面白みが出てくる分、悪堕ちの可能性が減る…。きわどい所です。
 
プロフィール

deadbeet

Author:deadbeet

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
バナー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: