13話、14話あらすじ

あらすじという名の15話予告

最終戦隊ブレイブファイブ 第13話「喪失感」 第14話「復活」

第13話「喪失感」あらすじ…

 覇王学園での爆発事件後、爆心地から二人分の焼死体が発見される。男女の区別も付かないほどの状態であったが遺体の身につけていた指輪や時計などから西川美代、星野美香の両名だと判断される。
 ブレイブグリーン・遠藤陽子は二人の死のショックから立ち直れず引きこもる。二人の葬式が行われ、レッド、イエロー、ブラッグの3人が出席するが、そこにグリーンの姿は無かった。
 帰宅途中の3人の前に四大幹部スーツの虎・カハクと騎士・フィクサー・グロメラタが現れる。路上で3対2の戦闘が始まる…。戦闘中、フィクサー・グロメラタはそこでレッドに奇妙な感情が芽生えるのを感じた。カハクの圧倒的な力によって3人は敗北する。とどめをさそうとするカハク、ここで第13話終了。

第14話「復活」あらすじ…

 戦いに敗れた3人はブラッグの奇策によってかろうじてカハク、フィクサー・グロメラタの二人から逃げたすことに成功する。
 そのころ、一人引きこもっていたグリーンは泣き疲れて眠りにつく。夢の中でグリーンは死んだブルーと再会し、ブルーにフルボッコにされる。
 数日後、レッド、イエロー、ブラッグの3人の前にカハクが現れ、再び戦いが始まる。窮地に立たされる3人だったが、彼らの前に再び戦うことを決めたグリーンが現れる。グリーンは哀しみの力によって新たな姿ギガスフォースに変身し、カハクを倒す。カハクは粉々に砕け、最後を遂げた。

 敵アジト

「まさかカハクがやられるなんて…」
白衣を着た科学者Dr.ザックームは驚きを隠せない声でつぶやく。
「奴は四大幹部・最強の男のはずなんだがな…」
フィクサー・グロメラタは今回の戦闘も参加するはずだったが、カハクが俺一人で十分だと言ったので彼一人に任せてしまったことを悔やんでいた。
「役に立たないロ○コン虎ヤローだな!まったく…」プンスカ怒る首領。
「さてあの男の後釜なんですけど…、首領彼女を押したいのですが…」
シスター・アルルーナが首領に尋ねる。
「ん?誰を?」
「[十三の鐘の音(ベル)]のリーダーとなった彼女ですよ」
「そうか、奴か…大丈夫なんだろうな?」
「ええ、もちろん完璧ですよ…。」
邪悪な笑みを浮かべるアルルーナ
「よしわかった。…そいつが新しい四大幹部でいいんじゃない?」
「かしこまりました。フフ…入ってきなさい」
アルルーナは部屋の入り口の方を向き誰かを呼ぶ。するとドアが開き、フードをかぶった人物が部屋に入ってきた。顔は見えない。
comic1-21
第14話 終


最終戦隊ブレイブファイブ 設定資料PART2

登場人物(故人)

星野美香/ブレイブブルー
 覇王学園における戦いで命を落とす。

西川美代
 覇王学園の生徒。アルルーナによってモンスター化され、遠藤陽子の誘拐を企てるもブルーによって倒される。

カハク
 四大幹部の一人。スーツを着た虎男。四大幹部ではカハクとフィクサー・グロメラタが戦闘担当であり、カハクは四大幹部最強の男だった。首領に一途に想いを寄せていた。ギガスフォームのグリーンによって倒される。

登場人物(新キャラ)

[十三の鐘の音(ベル)]
 首領が計画を遂行するために特別な力を与えた十三人の通称。[十三の鐘の音]という名称は首領が異世界を征服するときに破壊の限りを尽くした彼女の十三人のしもべからきている。しかし彼らは全員その世界で死亡しているため、こちらの世界で人材を調達したものと思われる。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
 
 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

No title

おお、これはまた続きが気になりますね。
期待してお待ちしております。

No title

いつもありがとうございます。
なるべき早めに続きが出せるといいです。
 
プロフィール

deadbeet

Author:deadbeet

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
バナー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: